ハードルを上げる
臨場感ある音源

DTS:X - Raising the Bar in Immersive Sound

DTS は近年、次世代のオブジェクトベースのコーデック技術DTS:X™を発表しました。本発表は、DTS-HD マスター・オーディオの後継で、業界をリードする長年の音源技術革命に次なる布石を投じることになりました。DTS:X™は、究極の柔軟性と臨場感、エンターテインメントのすべての形態で視聴者とインタラクティブを提供します。

アンセム、デノン、インテグラ、クレル、マランツ、マッキントッシュ、オンキヨー、Outlaw Audio、パイオニア、Steinway Lyngdorf、Theta Digital、Trinnov Audio、ヤマハなどのホームAVレシーバーやサラウンドプロセッサ市場の約90%を占めるメーカーが、2015年にDTS:X™を支える製品を発表することを同意しています。製造パートナーを追加で今後数か月で発表していきます。DTS:X™ソリューションは、シーラス・ロジック、アナログデバイス、テキサスインスツルメンツなどDSP プラットフォーム市場のシェアの大多数を代表し、2015年をリードするAVレシーバーはシリコンプラットフォームでもお買い上げいただけます。

DTS:X™の公式発表を4月9日に予定しており、追加情報を提供します。

「DTS は、絶え間ない技術革新を通して、高品質な音質を実現することを目的に設立されました。DTS:X™技術は、オブジェクトベース音声の分野で視聴者の皆様にかつてない臨場感ある音源を肌で感じていただけるよう最先端技術の開発に長年取組んだ成果です」とDTS, Inc.の会長兼CEOを務めるジョン・カーチナーは述べます。「DTS:X™テクノロジーをさまざまなホームAVR製品に採用され、我々のパートナーはさらに高みの音源を提供します。3月にDTS:X™の公式発表で詳しい情報をお伝えすることを楽しみにしています。」