PROVEN NEURAL BASED TECHNOLOGY DEPLOYED IN THE LG G8 THINQ SMARTPHONE

SHARE

FACESAFE 3D顔認識

顔認識は、私たちの生活の中で重要な役割を果たしています。その行為は単純ですが、社会交流を形成する基礎となる役割も担っています。顔認識のためのデバイスを強化することで、テクノロジーとの関わり方をディスラプトする可能性を秘めた膨大な機会を利用できるようになります。

FaceSafeは、OEMが顔認証での単純なロック解除に勝る機能を実現することを可能にします。誰がデバイスを使用しているかを知ることでデバイスは知識に基づいた意思決定を行うことができ、ひいてはユーザーエクスペリエンスの向上へとつながります。このような意思決定は、UIの見た目の変更やパーソナライズされた写真やビデオ映像の撮影と処理を可能にすることができます。

FaceSafeでは、コンピュータービジョンにおける20年の経験が生きています。これは、顔検出とトラッキング、顔特徴検出、顔分類、感情検出を備えたソリューションである、DTSの畳み込みニューラルネットワークをベースとした一連のFace Analyticsにより実現しています。


ハイライト

深度に依存しない

構造化照明やタイムオブフライトのシステムでも顔検出が可能。

なりすまし防止機能

他人の顔写真や動画、3Dマスクなどを利用したなりすましを防ぐ。

オクルージョンにも対処

顔を覆う部分が最大20%までであれば検出可能。

視線の検知

本ソリューションは、ユーザーがデバイスを見ているときにのみ有効。


完全にデジタル化が進んだ世界では、非接触型生体認証ソリューションという形でセキュリティーとID保護を組み合わせた最先端の体験が必要とされます。

FaceSafeは、質の高いユーザーエクスペリエンス、セキュリティー、そして信頼性を可能にします。

DTSのFaceSafeは携帯電話のロック解除や、それぞれに異なるアクセスレベル、見た目、使用感を持つ複数のユーザープロファイルの設定を使用することができます。また、決済などのより保護された領域への最初のアクセスを行うために使用することも可能です。この技術では、登録プロセスで得た視覚情報を安全なキーデータに変換し、そのデータを利用して各ユーザーの認証を行います。利用者の顔が3Dスキャンや画像として保存されているわけではありません。

FaceSafeは、最先端のなりすまし防止機能と生体検知機能を提供しています。

なりすまし攻撃は、権利や権限を持たない第三者が私たちのデバイスに不正にアクセスしようとする行為を指します。この攻撃は、携帯電話の所有者の顔写真(Print Attack)、動画(Replay Attack)、または3Dマスク(Mask Attack)を使用して実行されることがあります。なりすまし防止機能は、このような攻撃に対する顔認識ソリューションの堅牢性を実証しています。

状況情報解析、テクスチャー解析、ユーザーインタラクション、深度解析などの生体検知は、すべてなりすまし防止機能の役割を果たしています。

  • STAY IN THE KNOW

  • I want to receive news about:

  • Terms and conditions