SHARE

紛争鉱物に関するポリシー

紛争鉱物に関するポリシー

コンゴ民主共和国(DRC)の特定の州やその近隣地域で採掘される紛争鉱物(具体的にはタンタル、スズ、タングステン、金(3TG))の取引が、同地域の内戦、人権侵害、社会的および環境的虐待の一因になっているのではないかとの懸念が高まっています。2010年7月、米国は金融規制改革法であるドッド・フランク法(HR4173)を制定し、米国のすべての公開企業とそのサプライヤーに対し、製品に使用されているタンタル、スズ、タングステン、金の加工流通過程管理(CoC)に関する情報を開示することを義務づけました。

DTSは、鉱物が紛争のない調達源からであるのものを除き、DRCとその周辺地域で採掘された3TG鉱物の使用を避ける方針を全面的に支持しています。DTSは、サプライチェーンで3TG鉱物を使用するすべてのサプライヤーからCoC宣言書を取得するプロセスを実施しています。それに加え、下記事項も実施しております。

  • サプライヤーに対して、紛争のない調達源から原料を入手する社会的責任のあるサプライヤーからの3TG鉱物の調達の要求。
  • サプライヤーに対して、要求に応じて3TG鉱物のサプライヤーおよび3TG鉱物の製錬・精製業者に関する正確な報告をDTSに対して行うことの義務付け。
  • サプライヤーに対して、紛争鉱物に関するドッド・フランク法規制およびSEC規則の遵守の推奨。

DTSのポリシーを遵守していないサプライヤーは是正措置を講じることが推奨され、その是正措置はDTSによる更なる調査の対象となります。