出展者向けの映画

出展者向け
次世代の映画音源

映画館向けDTS:X™は、最高かつ複雑な映画館や、また物理制限、および費用の制約により大型プレミアム形式(Premium Large Format)を採用できない中型映画館で最も適した臨場感を実現するためロイヤリティが不要かつ非独占の MDA オブジェクトベースの音源で構築できるなど最大限活用できるように設計されています。

DTS:X™映画スピーカー構成は、下音レイヤーと高音レイヤーの 2 つに分割されます。下音レイヤーは一般的な 5.1 または 7.1 映画スピーカーに、さらにはスクリーン間のギャップを埋めるために追加されたスピーカーにも対応します。高音レイヤーが下音レイヤーから高音に追加された効果のすべてのスピーカーに対応します。DTS:X™では、スピーカーを下音レイヤーと高音レイヤー両方の構成オプションがあります。下音と高音レイヤースピーカーすべての配置を固定すると、MDA のプロセッサーが各スピーカーとスピーカーアレイに適切なスピーカーのフィードを生成します。音源が1 つのスピーカー、またはグループでアレイ全体のアドレスに配信されることがあります。

要するに、映画館相当やそれ以上の究極の音源を確実に再現するため DTS:X™で高品質な音源を作り上げています。  

出展者のためのDTS:X™ハイライト

  • 臨場感ある音源がより深いエンドユーザーエンゲージメント
  • 異なるサイズの部屋に拡大/縮小が可能
  • 既存の部屋に効率よく適用させるため独自の機器は不要

Professionals visit the

DTS Document Library