スタジオ&クリエイターのための映画

次世代の映画音源

DTS:X™ソリューションは、ライセンス無料で、オブジェクトごとに臨場感ある音声を構成するオープンプラットフォームをベースとしたMDAです。「多次元オーディオ」を意味する MDA は、映画スタジオとコンテンツクリエイターにとっても今までになく特別な配置、動き、サウンドオブジェクトの音量を制御でき、メタデータのレンダリングに関連づけた非圧縮の音源波形を使用されます。

コンテンツのクリエイターは、単一フォーマット、オープンフォーマットのマスターからMDA でさまざまな劇場用または自宅用にエンコードが可能で、幅広くかつ今後のダウンストリーム形式に対応しています。

スタジオ&クリエイターのDTS:X™ハイライト 

  • 差別化した音源により観客がリピーターに
  • 観客のために魔法を創造する新たなキャンバスを提供
  • 臨場感を体感できる音源を創造
  • チャンネルから切り離され、ミキシングで新しいキャンバスを提供
  • 非圧縮 PCM オーディオ + メタデータで、制作から再生までの品質を維持
  • 仕様、ツール、リファレンスレンダリングで DTS 管理
  • 制作/配信チェーンの簡素化と効率化で、部屋のあらゆるレイアウトが可能

大画面に

DTS:X™映画館プログラムは、最高かつ複雑な映画館や、また物理制限、および費用の制約により大型プレミアム形式(Premium Large Format)を採用できない中型映画館で最も適した臨場感を実現するため、MDA オブジェクトベースのサウンドトラックの機能を最大限活用するよう設計されています。

リビングルームに 

DTS:X™テクノロジーには、新しい臨場感あるインタラクティブな体験を視聴者に提供するため、オブジェクト・ベースのオーディオを活用する DTS から次世代オーディオ・コーデックが含まれます。DTS:X™デコーダソリューションは、AVR とサウンドバーで 3 D オーディオコンテンツを再生することができます。さらに、Blu-ray ディスクの新しい DTS:X™ビットストリームテクノロジーは、ステレオから DTS-HD MASTER AUDIO | 7.1™まで、以前の DTS デコーダーとスピーカーの出力形式と上位互換性があります。

手のひらに 

映画館、自宅から携帯まで、音のエコシステム全体をサポートする DTS の取組みの一環として、DTS Headphone:Xオーディオ処理ソリューションを使用して標準的なヘッドフォンでモバイルデバイス、TVなどの臨場感ある魅力的な音源を消費者の皆さんに提供します。DTS Headphone:Xテクノロジーにより通常のヘッドフォンで完全なサラウンド音声を提供することができます。

 

 

 

Professionals visit the

DTS Document Library